新企画展「安田沖、異国船あらわる!」

ホーム > 新企画展「安田沖、異国船あらわる!」

担当 : 教育委員会 / 掲載日 : 2020/05/07
開催期間:2020/05/11 〜 2020/08/31
開催場所:安田まちなみ交流館・和
安田まちなみ交流館・和 新企画展

 「安田沖、異国船あらわる!」 

 文政12年12月、安田沖を異国船が漂流した時、高松益之丞・順蔵親子、また柏原治右衛門、清岡三作ら安田浦・中山郷の郷士たちが「駆付郷士」として出動し、警護に当たった

 太平洋に面した土佐沖には、江戸時代を通じて、中国、琉球、ロシア、イギリス等多くの異国船が現れました。警護のため、砲術や軍事操練に励む郷士たちの中から、尊王思想、攘夷思想に目覚め、勤王の志士となる若者たちが多く生まれたことに着目。また、安田町唐浜に作った台場(砲場)など、当時の安田の海防体制も紹介します。

開催日時等

  • 開催日    令和2年4月22日(水) 令和2年5月11日(月)〜令和2年8月31日(月) 
  • 休館日    火曜日(祝日の場合は翌日)
  • 開館時間     9:00〜17:00
  • 観覧料    200円(高校生以下および障害者手帳提示者は無料)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和2年4月11日(土)〜5月10日(日)まで安田まちなみ交流館・和は休館いたします。

チラシ表

チラシ裏

・4月26日(日)開催予定の講演会「文政12年安田沖漂流 謎の異国船は何者だったのか!?」は、中止いたします。


安田まちなみ交流館・和 ホームページへ




PAGE TOP