九丁公園

ホーム > 九丁公園

担当 : 経済建設課 / 掲載日 : 2019/03/07

九丁公園

九丁公園

九丁公園
神峯寺の下にある公園で、桜公園として知られ、名称は、お寺の山門を頂上として九丁(合)目付近にあたることから名付けられています。
 以前、神峯山には山道の遍路道しかなく、四国八十八番札所の中でも屈指の難所として知られていました。そこで、ふもとの住民たちが、参拝客や自分達の例祭行事参加時等の利便性を図るため、住民や参拝客などからの寄付金を資金に、何年もの年月をかけながら、現在の車道を開設させました。この公園は、その開設記念として開園されたものです。


九丁公園

園内は、段々畑風に整備され、多くの桜が植えられています。また、桜の木は、園内だけでなく、車道の整備ごとに道路の両脇にも植えられており、一帯が桜の名所として広く知られています。お遍路さんにも好評で、春には、多くのお花見やピクニックをする人で賑わっています。



このページに関するお問い合わせ

経済建設課

〒781-6421 
安芸郡安田町大字安田1850番地
Tel:0887-38-6714 Fax:0887-38-6780

お問い合わせ




PAGE TOP